なつかシネマミュージアム・庄内映画村資料館

インフォメーション

 
見どころ写真 ● 2019年 企画展「さらば平成 ~映画で振り返る30年~
【春】邦画編/3月21日(木・祝)~7月10日(水)
【夏】アニメ・特撮編/7月13日(土)~9月10日(火)
【秋】洋画編/9月14日(土)~12月1日(日)
 
今年は、若い貴方にも、きっと “懐かしい” 名作が並ぶ “平成映画史展”。
1989(平成元年)~2018年に公開された映画と共に、平成という時代を振り返ります。
 
場内道路の整備工事中です
工事期間/2月18日(月)~3月25日(月)
 
工事期間中は、松ヶ岡開墾場内の通りぬけが出来ません。
資料館前にある大駐車場をご利用いただき、臨時通路からご来館ください。
⇒ 詳しくは「交通のご案内」をご覧ください。
 
●「おもひで映画館」特設コーナー
「寿恵広座」「ムービーパレス」の両館から譲り受けた歴史遺産の特設展示コーナー。
2019年は、きっと誰もが知っている名作中の名作古典を所蔵品から選び展示します。
庄内キネマ年表
 
● 3つのミニシアターで映像を楽しむ
1階/プロモーション映像や特別ダイジェスト版を上映。
1階/日本映画史を振り返る特別映像を上映。(おもひで映画館コーナー内)
2階/ニュース映画で振り返る昭和のニッポン!
   あの懐かしい独特のナレーションと共に、
   「昭和の缶詰」を年代別に週替わりでタイムトリップ上映。
 
●【New】松ヶ岡開墾記念館と庄内映画村資料館の共通入館券が出来ました
お得に松ヶ岡!
おひとりでも、20名以下のグループでも、有料施設すべて団体料金でご見学いただけます。
さらに共通券のご提示で、松ヶ岡本陣も無料!
お買い求めは、記念館or資料館受付で。 ⇒ 詳しくはこちら
 
※松ヶ岡開墾記念館が、2018年11月12日(月)~2019年4月上旬は冬季休館となります。
 この間は、共通券も販売休止となりますのでご了承ください。
 
●お得に庄内映画村!
 
 

ご見学案内

 
シルエット

舞台は、旧庄内藩士が刀を鍬に持ち替え切り拓いた日本遺産「松ヶ岡開墾場」に残る、明治9年(築約150年)に建てられた日本一大きな木造蚕室。
 
『おしん』『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』の室内セット、衣装や小道具等の庄内ロケ作品の撮影資料はじめ、名作洋画・邦画のポスター(立看・大判・半裁・スピード)、ロビーカード、プレスシート、シネマドール(フィギュア・ソフビ)等、総展示数1000点を越す映画ファンにたまらない “なつかシネマミュージアム”。
 
ミニシアターでは、プロモーション映像や特別ダイジェスト版、懐かしのニュース映画などもご鑑賞いただけます。

 

開館時間

3月中旬~11月/午前9時~午後5時
 ※最終入場:午後4時30分
 
12月~3月中旬/午前10時~午後3時
 ※最終入場:午後2時30分
 

休館日

年末年始を除き、無休
※冬期間(12月~3月中旬)は、事前予約が必要
 
【平成30年度 冬期予約見学期間】
 2018年12月3日(月)~2019年3月20日(水)

入館料

 
  一般
(高校生以上)
小・中学生 幼児
個人 500円 200円 無料
団体 ※1
(20名様以上)
450円 150円 無料
館内ガイド
(要予約)
1,500円 ※2
駐車場 無料
(約40台/大型バスのご利用も可能です)
 
※1.団体料金は、幼児(未就学のお子様)を含まず、20名様以上の場合に適応されます。 団体でお越しの場合は、事前にご予約いただけると入館がスムーズです。
 
団体予約申込書
 
※2.ガイド1名につき、お客様1名~40名様位までのご案内が可能です。
 
フリーWi-Fi
 
館内図
 
 
御所車で記念写真
 
御所車で記念写真
長さ5m、高さ2.9mの大きな御所車や人力車に乗って記念写真はいかがですか?
貸衣装やカツラ、小道具もご用意(無料)しています。足軽甲冑の着付け体験なども出来ます。
読書コーナー
 
読書コーナー
台本・プレスシート・パンフ・原作本・映画史、専門誌など、映画にまつわる資料や書籍を取り揃えました。じっくりと “映画を読んで” みませんか?
昔遊びコーナー
 
昔あそびコーナー
けん玉、お手玉、ベーゴマ、メンコ……
お子様に大人気のコーナーの先生は、おじいちゃんやおばあちゃん。ご家族でお楽しみいただけます。
撮影機材
 
撮影機材等も展示
レトロな映写機やカメラ、蓄音機、レコードほか、京文映さんのご協力で、京都・太秦の撮影所で実際に使われていた撮影機材などを展示しています。
 

お問い合わせ

なつかシネマミュージアム・庄内映画村資料館
〒997-0158 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29 松ヶ岡開墾場 五番蚕室
TEL:0235-62-2080 予約専用TEL:0235-62-2134 FAX:0235-62-5181

 
※スタジオセディック庄内オープンセット(旧 庄内映画村オープンセット)へのお問い合わせは TEL 0235-62-4299 までお願いします。
松ヶ岡開墾場が日本遺産に認定されました
 
松ヶ岡開墾場案内図
 
庄内映画村資料館外観
 
庄内映画村資料館1階正面
 
映画「おしん」室内セット
 
スキヤキウェスタンジャンゴ室内セット
 
なんとなく位置関係がわかる鶴岡横断観光マップ
 
なんとなく位置関係がわかる出羽三山観光マップ
 
団体予約申込書のダウンロード
 

FAQ よくある質問と回答

Q 館内の見学にかかる所用時間は?
 
A 概ね30~40分とご案内しております。じっくりご覧になりたい方は、これに加えて旅程をご検討ください。
 
資料館がある松ヶ岡開墾場には、様々な見学・体験施設がございます。場内散策の時間も加味されるとよろしいかと思います。
line
Q Wifiは使えますか?
 
A 使えます。館内にIDとパスワードを掲示しておりますので、ご参考ください。(無料)
line
Q 飲食スペースはありますか?
 
A 館内にはございませんが、松ヶ岡開墾場内の二番蚕室に食事処(土日限定)がございます。
line
Q ペットの入館は可能ですか?
 
A 入館は可能ですが、抱きかかえることが出来る程度の大きさのペットに限ります。抱いたままでのご見学となります。
line
Q 車イスでの見学は可能ですか?
(写真クリックで拡大)
段差の写真  
A 可能ですが、上がり口に大きな段差があり介助が必要です。
また2階へは階段のみとなっておりますのでご了承ください。
 
ご不便おかけしますが、国の史跡という関係上、昇降機やスロープ等の設置が難しくご理解の程お願いいたします。
 
※貸出用の車イスはご用意してあります。
line
Q カーナビで検索したら、表示されますか?
 
A 表示されます。電話番号で設定される際は「0235-62-2080」(映画村代表)もしくは「0235-62-3985」(松ヶ岡開墾記念館)をセットしてください。
 
予約専用番号(0235-62-2134)では正しく表示されない場合が多いようですのでご注意ください。
>> 交通のご案内
line
Q 資料館から各観光地への所要時間は?
 
A 下記をおおよその目安としてご参照ください。「観光プラン」のページでも所用時間をご案内しています。
 
観光施設名車で
スタジオセディック
 庄内オープンセット
(旧 庄内映画村オープンセット)
約20分
羽黒山 山頂約30分
羽黒山 国宝五重塔
 いでは文化記念館 等
約20分
月山レストハウス(月山八合目)約60分
致道博物館(鶴岡公園周辺)約15分
庄内観光物産館約25分
加茂水族館「クラゲドリーム館」約35分
湯野浜温泉約40分
湯田川温泉約30分
由良温泉約35分
あつみ温泉約40分
最上舟下り約45分
酒田市(山居倉庫、鐙屋 等)約50分
 
ライン
庄内映画村株式会社
TEL:0235-62-2080(9:00~17:00) FAX:0235-62-5181
Copyright © by Shonai Eigamura co,ltd. All Rights Reserved.
庄内映画村インスタグラム 庄内映画村onTwitter 庄内映画村資料館FBページ